スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士アイス みんなの思い出のつまったお店

中心商店街のお店を紹介する「いい店見つけた」のコーナーも10件を越えました。
この調子で100件到達を目指したいですね。
その頃には中心商店街のお店はこのブログ無くしては語れないかも(笑)うーん理想。

今回は銀座富士アイスさん。
小さい頃から通い続ける一番身近な食堂です。
あちこちでみかける富士アイスさんの総本山とか。

富士アイスさんに集まると、不思議と昔話に花が咲きます。
お父さんに連れてきてもらった話、学生の時に志まん焼きをほうばった話などなど。
おじいさん、おばあさん始め、みんなの思い出が沢山つまったお店です。


20100929181042P1000008.jpg


本格焼酎が沢山!
私もその昔はまったことがありまして、割と銘柄に詳しくなったのですが、ここの品揃えは素晴らしいです。
焼酎好きの方はぜひどうぞ。


20100929180048P1000007.jpg

ちょい飲みのおつまみも満載なのです。
何度食べても食べ飽きのこない落ち着いた味わいです。
そういえばこんなことを言っていたお客さんがいました。
「富士アイスは第二の食卓だ。」
驚きの一言。深いです。そう、そういう味わいなのです。

20100929180036P1000006.jpg

当然まぐろのぶつはおいしいと評判の「あのお店」からのものです。

20100929175958P1000005.jpg

一体このラーメンを何度食べたでしょうか。
安全・安心でどこかほっとするラーメンです。
うちの子供も大好きです。

20100929175618P1000004.jpg

私の最近の富士アイスブームの一品はこれ。
天津です。
この卵の下にはたっぷりのキャベツが入っています。
それを甘酢あんかけたっぷりからませて食べるともう最高!


20100929175258P1000002.jpg

ちなみにうちの親父はいつもカツカレーが定番です。
もはや、頼まなくても出てくる領域に達してます。

コメントの投稿

非公開コメント

美味しそうです。

『富士アイスは第二の食卓だ』素晴らしいお言葉☆

富士アイスへ行くと父を思い出します。
ここのお店、我が家も時々家族で行きます♪

焼酎最近ハマっているのですぐにでも行きたい気分です(笑)

日曜日に春光堂さんに伺いました。
県内の石鹸作家さんが本に載っているそうで、注文したいと思いまして・・。

本の名前のメモを忘れてしまったので、また電話します。(おっちょこちょい・・)
http://ameblo.jp/savon8/page-2.html#main

では、今後ともよろしくお願い致します。

Re: 美味しそうです。

> 『富士アイスは第二の食卓だ』素晴らしいお言葉☆

隣りのお客さんがこの言葉を言った時には、驚きました。
飽きのこない味と雰囲気。まさに的を射たことばでした。


> 日曜日に春光堂さんに伺いました。

ご来店ありがとうございます。
私が不在ですみませんでした。また日曜はお休みの店が多くてすみません。
交代で休みをもらってまして、子どもがいる関係で日曜のお休みが多いです。

> 本の名前のメモを忘れてしまったので、また電話します。(おっちょこちょい・・)
> http://ameblo.jp/savon8/page-2.html#main

インターネットが普及している中、このようにご注文を頂けるのは本当にありがたいです。
町の本屋にとっては、それが棚作りに生かせたりするからなんですよね。
注文はメールでもお受付いたしますので、またご連絡くさいませ。
それにしてもきれいな石鹸ですね。一度使ってみたくなります☆

プロフィール
春光堂書店 春光堂書店

こちらに最新の情報を集めていますので、是非お読み下さい。

春光堂書店facebookページ

毎日、「どこかにいい本はないか」と探しまわって、並べて、会話して、そして読んでみる。店舗は小さいですが長時間でも楽しめるようにと、こまめな転換を心がけています。お客様が「読んだ本がよかったよ」と再来店してくれる時が最高の時です。

■店舗情報
山梨県甲府市中央1-4-4
TEL: 055-233-2334
FAX: 055-233-2387
9:30~20:00
不定休(基本的には無休)

■メール注文、問い合わせ

miyagawa-d@harulight.com
@は半角に変換下さい(迷惑防止の対策)


■春光堂 WEB注文
http://www.e-hon.ne.jp/
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。