スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第18回読書会 その4 読んで学ぶとは

今回は「読む」と「学ぶ」を一体にして書います。もちろん、読書には様々な楽しみがあります。趣味の娯楽本、仕事で参照する技術専門書もあります。それからも当然学べますが、それ以外での「教養」をつけるという意味での読書を考えています。

さて、読書会での続きです。
「どうしてて大人は読んで学ばなくなったか」という話の中で、
「読書して学ぶことは、(即効性のある)実利に繋がらない」からではないかという意見が出ました。
(実利に近いから入学試験、入社試験までは勉強する。)
もちろん、それでは「学校のお勉強」だけがすべてになってしまいます。
普段の読書の蓄積による長所はどうしても見落とされがちです。

「読むことは大事」、「読まないより読んだ方がいい」ということは皆さん一致して言われることですが、
それでも大人は(時間がない等を理由に)あまり読まないことを選択します。
読んで学ぶという行為の理由が希薄だから、こうなっているのでしょう。

読書が実際に役立つのは積み重ねの蓄積で、半年後、一年後に役立つ。もしくは読んだ中には一生役立たない事柄もあるかもしれないと思っています。それにも関わらず、読書から学ぶ必要がどこにあるのかを「もう一度考え直して」、「伝えて」いかないと、読んで学ぼうとする人は減っていくかもしれません。そうすると読む子供はもっと減ると思います。(前日記事参照)

「なぜ読書して学ぶ必要があるのか。」(他に楽しいことはいっぱいある)
「読書して学ばなくてもいいじゃないか」(とりあえず自分の生活は困ることはなさそうだ)

あなたの意見はいかがでしょうか。それを読んでない人に話すことにより、納得して読書から学ぶようになるでしょうか。私もきちんと考えてみたいと思います。街の本屋の役割は、結構重要かもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
春光堂書店 春光堂書店

こちらに最新の情報を集めていますので、是非お読み下さい。

春光堂書店facebookページ

毎日、「どこかにいい本はないか」と探しまわって、並べて、会話して、そして読んでみる。店舗は小さいですが長時間でも楽しめるようにと、こまめな転換を心がけています。お客様が「読んだ本がよかったよ」と再来店してくれる時が最高の時です。

■店舗情報
山梨県甲府市中央1-4-4
TEL: 055-233-2334
FAX: 055-233-2387
9:30~20:00
不定休(基本的には無休)

■メール注文、問い合わせ

miyagawa-d@harulight.com
@は半角に変換下さい(迷惑防止の対策)


■春光堂 WEB注文
http://www.e-hon.ne.jp/
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。