スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その一言が力になる

先日、読書会でご一緒するお客様から、このようなコメントを頂きました。

先日店に来た際、店員の人から声をかけてもらった。本屋で顔を覚えてもらったのは初めてで嬉しかった。と

私はその時に店にいなかったのですが、その店員は以前お客様がお店にいらした時に、私が親しく話していたのを見ていて覚えたと思います。

お店に来て喜んでもらえた理由が一つあっただけでも、私自身とても幸せな気持ちになりました。
その喜んでもらえる声が店のパワーになり、活力になっていくからです。

また、別のお客様のお話。
子供が来た時には、お土産にちょっとしたおもちゃを渡したりします。(といっても、読み聞かせ会などに子供に渡すおもちゃの残りなどですが・・・)、ありがとうとの言葉を、後日に再び頂いたりします。大したものではないですが、親しみをこめて渡すという所が、ネットにも大型店にもないので、喜んでもらえた点かもしれません。この頂いた言葉が店の次のヒントにつながったりします。

もちろんいい言葉だけではなくて、常連のお客様の中には、「展示の仕方」、「品揃え」など手厳しい指摘も頂いたりすることもあります。しかし、それも常連様の愛情あってのことで、とても参考になります。

どうでもいい店に「声」をわざわざ伝えるでしょうか。
「声」に出して相手に伝えるのは、ちょっとした労力がいります。
ですので、「声」に出して伝えてくださる。これはとても幸せなことだと思います。

私も近所の他の店に行った時には、目に付いた良かった点をできるだけ話したりします。
自分ではしょうがないようなコメントと思っても、相手にとってはどんな話が店舗作りのヒントになるか、分からないからです。そんなことを、お客様から今回、再確認させてもらった出来事でした。

とはいえ、とはいえ、
「愛情」を感じつつも、その愛情に甘えることなく、「親しみだけ」という店にならないように、もっと楽しんでもらえるような店舗にしていくことが、お客様への何よりの恩返しだと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

読書会、お疲れ様でした。

ネットで「薬」以外なんでも買える時代に、わざわざ本屋さんに行こうと思うのは、そこに何か楽しげなモノがあると期待できるからだと思います。

少なくとも私はそう感じています。これは本屋さんに限ったことではなくて、世の中全般に言えることですよね。

存在意義、いまさらながらそんなことを感じます。

Re: タイトルなし

> 存在意義、いまさらながらそんなことを感じます。

当ブログ始まって初のコメントありがとうございます。
読者の存在が分かって、書いていると実感ができました。


現在、次々にシャッターになる商店街というのは、社会から存在意義がなくなったからですよね。
モノ不足の時代は、店を開けているだけで、商店街は存在意義を十分認められていました。

沢山のショッピングセンター、ネットが氾濫している中、一体何をどのように提供すべきなのかを
突き詰めて考える必要があります。

そのためには、それらの(ライバル?)の業容をしっかり理解する必要があり、それらのショッピング生活では満足できない(または、おもしろくない)と思わせるだけの店が必要です。

色々とすっとばして、結論として、「時間堪能」、「ラグジュアリー(自分のライフスタイルを満足させる)」というのを、店作りのポイントとして商人塾で考えてきました。
これには「誰が何のために行くお店か」というのが、次第に明確にしていかなければなりません。(いきなり決めるのは難しいので徐々に明確にしていくのですが)

「一体今までの自分のショッピングは何だったのか」と思って頂ける業容が目標です。
もちろん、ショッピングセンターは、ショッピングセンターなりの業容、ネットはネットなりの業容がありますので、中央商店街での買い物は、「こういうショッピング」という住み分けの考え方もあります。

現在、上記をふまえた商人塾に取り組む商店仲間で、「甲府スタイル」というコンセプトで取組みを考えています。(また少しずつ今度ブログでも詳しく書きます。)
プロフィール
春光堂書店 春光堂書店

こちらに最新の情報を集めていますので、是非お読み下さい。

春光堂書店facebookページ

毎日、「どこかにいい本はないか」と探しまわって、並べて、会話して、そして読んでみる。店舗は小さいですが長時間でも楽しめるようにと、こまめな転換を心がけています。お客様が「読んだ本がよかったよ」と再来店してくれる時が最高の時です。

■店舗情報
山梨県甲府市中央1-4-4
TEL: 055-233-2334
FAX: 055-233-2387
9:30~20:00
不定休(基本的には無休)

■メール注文、問い合わせ

miyagawa-d@harulight.com
@は半角に変換下さい(迷惑防止の対策)


■春光堂 WEB注文
http://www.e-hon.ne.jp/
最近の記事
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。